トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  永久脱毛の知識  >  脱毛用語集2(毛穴)

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

脱毛用語集2(毛穴)

2007年10月27日

ヒゲ脱毛全身脱毛家庭用脱毛器具の購入を考えている方。

サイトで研究したり資料請求を行うと様々な用語だ出てきます。正しい知識を身につけ、永久脱毛をしっかり理解して自分にあった脱毛をしましょう。

※脱毛・除毛ムダ毛処理関係用語集※

アポクリン腺

ワキの下や陰部などにある汗腺のこと。
脂肪・鉄分を含んでいるので、臭いの原因になります。

絶縁針脱毛

正式名称は「小林・山田指揮絶縁針脱毛」といいます。
毛の発生源を電気熱で正確に処理します。
一本一本処理するので時間がかかる上に負担も大きい。

性毛

第二次成長にで生えるるわきの下や陰毛、ひげやスネ毛のこと。臭いの原因となる毛穴。

埋没毛

皮膚の中で伸びているてしまうこと。
自己処理の典型的な失敗による悲劇です。
途中で毛が切れ、その上に皮膚がかぶさり毛穴がふさがって埋没しまうためにおこります。
見かけが悪くなり、炎症を起こしたりするので一度なると厄介です。

毛周期

毛の生涯には1・成長期 2・退行期 3・休止期があります。

皮膚腺

毛根の皮脂を分泌する腺。

毛幹

毛の皮膚の表面に出ている部分。

毛球

毛根の一番下の膨らんだ部分のこと。
球根のようなところから毛球とよばれています。

毛孔

一般的に言う毛穴のこと。
毛が皮膚表面に出てくるところでアポクリン腺にもつながっています。

毛根

表皮より下の部分を毛根と呼びます。


毛乳頭

毛球の底辺にあるくぼみ。
毛細血管や神経があり、毛の成長に必要な栄養素を取り入れています。

毛包

毛根全体を取り巻く組織のこと。
毛抜きで抜いたりする脱毛だとこの部分が炎症を起こしやすい。一度炎症するとなかなか治らない。

毛母細胞

毛乳頭の上の部分で毛乳頭から栄養をもらい、細胞分裂して毛の成長をはじめます。



家庭用脱毛器「no!no!HAIR」





脱毛200本体験【エルセーヌ】





▲脱毛情報多数。アクセスアップには人気BLOGランキング▲
スポンサーサイト

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

INDEX

美容 健康 脱毛 



楽天で検索


  (脱毛アイテムを探す!)

楽天で探す
楽天市場

プロフィール

ヒゲ男爵

Author:ヒゲ男爵
サロンの永久脱毛(ヒゲ永久脱毛) 家庭用脱毛(アイエピ*i-epi*) 抑毛ローション(パイナップル豆乳ローション) メンズエステ(ダンディハウス) 医療レーザー脱毛(神奈川クリニック) 高周波脱毛(TBC) 視力回復手術(レーシック)等・・・!大体全部自分でやりました。

気になる費用、値段も公開しています。


評判の良い、無料サロンは大体行きました。人体実験マニア、プチ整形マニアのようですが・・・(汗)

ある意味人造人間的なこの貴重な(?)体験を少しでもみなさまのお役に立てられればと思います。

FC2カウンター

LINK

LINK2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。